外資系に転職したいけど英語ができない!その前に読んでおきたいお話

外資系企業でお仕事する人はけっこう多いです。

外資系の会社と言うと、これまでは中途採用のすぐに戦力となる人材を採用する空気があったが、最近では新規卒業の社員の採用に積極的な外資系企業も増えてきています。

【知っておきたい】

伝家の宝刀を何度も抜いてきたような人は、やはり転職回数もたまっていきます。

それ同時に一つの会社での勤務期間が短いということが目立ち始めるのです。

会社というものは個人の関係よりも組織の成り行きを最優先とするため、よく気に入らないことがあるものです。

もちろん当の本人は鬱屈した思いがあるでしょう。

よく最終面接の局面で問いかけられるのは、「志望理由」がとりあえずありがちなようです。

【就活のための基礎】

退職金があってもいわゆる自己都合なら会社の退職金規程にもよるけれども、支給されません。

だから先に転職先の入社日が決まってから退職するよう心がけましょう。

いわゆる給料や就業条件などが大変よいものでも、職場の境遇そのものが問題あるものになってしまったら、また辞職したくなる懸念もあります。

【知っておきたい】

この先進歩しそうな業界に勤めたいのなら、その業界は実際に拡大が見込める業界なのかどうか、急速な上昇に対応したビジネスが成り立つのかどうかを見通しておくことが必要なのです。

社会人であっても、状況に応じた敬語を使っているわけではありません。

ところが、就職していればただの恥ですむところが、面接の場面で間違えると採用が難しくなるような場合が多いのであります。

【就活Q&A】

大学を卒業したら新卒からいわゆる外資系企業への就職を目指す人もいないわけではないが、やっぱり現実的に最も多いのはまずは外資以外で勤めて実績を作ってから30歳くらいで外資系企業に転身というパターンが一般的ではあります。

【応募の前に】

就職面接で緊張せずに終わらせる。

そんな人になるには相当の経験が不可欠なのです。

とはいえ、実際に面接試験の場数をあまり踏んでいないときには相当緊張するものであります。

【就職活動のために】

離職するまでの気持ちはないのだけれど、うまく今よりも月々の収入を多くしたいような人なのであるなら、まずはとにかく資格取得にチャレンジするのも有効な手段かもしれません。

【応募する人のために】

面接試験は、受検者はどんな人なのかを見ているわけですから、練習したとおりに上手に読むことが重要なのではありません。

一生懸命に担当者に売り込むことが大切なのです。