情報処理の資格取得は副業にもおすすめ

副業から何か新しいことを始める場合、どんなことを始めたらよいだろう?と考えた時に最初に頭に出てくるのが資格取得。

その中でも情報処理は、副業をしていく上でとても役立ちます。

情報処理の資格といっても国家資格から公的資格、民間資格まで色々な種類の情報処理の資格があります。

情報処理の資格で国家資格として有名なのは、上級シスアドや初級シスアドの資格です。

最近注目されているソフトウェア開発技術者の資格やウェブデザイン技能検定なども情報処理の資格の一つに入ります。

その他にも、システム監査技術者や基本情報技術者などのIT関連の資格も情報処理の国家資格に入ります。

公的な情報処理の資格は、デジタル技術検定や、CADトレース技能審査などが有名です。

民間の情報処理の資格は、数がとても多いのですが、たとえばDTO検定やP検インストラクター試験や建築CAD検定試験、パソコン能力評価試験などがあります。

様々な検定試験がありますが、おもにIT関連の資格が多く情報処理の資格=IT関連の資格という見方ができます。

情報処理の資格には国家資格、公的資格、民間資格のほかにベンダー資格というものがあり、ベンダー資格の中にはマイクロソフトオフィススペシャリストの資格なども含まれていますし。

イラストレーターなどで有名なアドビ認定エキスパート、一太郎インストラクターなどの資格も含まれています。

新しいことを始める時には、まずは簡単なものから挑戦し、成功体験を積むのがおすすめです。