お腹に優しい外食って何?調子が悪い時でも外食をしていいの?

胃腸が弱い人の中には、

「お腹に優しい外食メニューはあるの?」

という疑問を抱えている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、お腹の調子が悪い時でも食べられるメニューをいくつか紹介していきます。

お腹の調子が悪い時でも外食をしていいの?

お腹に優しい外食メニューを探している人の中には、

「そもそもお腹の調子が悪い時に外食をしてもいいの?」

と思っている人もいるでしょう。

結論から言ってしまうと、全く問題ありません。

なぜなら、お店で提供されるメニューの全てがお腹に悪いわけではないからです。

そのため、お腹に優しい食材、料理を選んで注文すれば、外食をしても良いのです。

お腹に優しい外食ってどれ?

では、お腹に優しい外食とは一体どれなのでしょうか。

居酒屋

まずは居酒屋のメニューです。

居酒屋のメニューには、たまに激辛料理や、消化の悪い料理がありますが、サラダや比較的さっぱりした料理を注文すれば、お腹の調子を悪化させてしまうということはほとんどありません。

ただし、居酒屋に行くと、ほとんどの人がお酒を飲みますよね。

中には、お酒を飲むとお腹が緩くなる体質の人もいますので、そのような人はお酒自体を控えることをおすすめします。

お寿司

続いてはお寿司屋さんです。

お寿司屋さんというのは、生ものを扱うお店ですので、衛生面には物凄く気を使っています。

回転寿司店に行くと、ネタが凍ったまま出てくることがありますよね。

凍ったネタは、味こそ落ちてしまうものの、鮮度はキープすることができるため、お腹を壊しにくいのです。

ファミレス

そして、ファミレスで外食をする事もおすすめです。

なぜなら、ファミレスには様々な種類の料理があるからです。

そのため、お腹の調子が悪い場合は、辛い料理や脂っこい料理を避け、できるだけあっさりしたメニューを注文するようにしましょう。

うどん

次は、うどんです。

うどんというのは非常に消化が良いため、風邪を引いたときなどにもおすすめできる料理です。

また、温かいうどんを食べることで、お腹が冷えてしまう事を防ぐこともできるため、一石二鳥になるのです。

韓国料理

更に、韓国料理もおすすめです。

韓国料理と聞くと、

「辛い」

というイメージを持つ人も多く、敬遠されがちです。

確かに、韓国料理の中には日本人が耐えられないほどの辛みを持つ料理もあります。

しかし、

・サムゲタン

・松の実のおかゆ

などは、辛みも少ないため、食べやすいと言えます。

ただし、キムチなどの食材は、刺激物となりますので余計に腹痛を悪化させてしまう可能性があります。

そのため、あまり知識がない人や、辛い物を一切食べられないという人は、おなかの調子が悪い時に韓国料理を食べるのはやめましょう。

中華料理

最後は、中華料理です。

特に、

・中華粥

・ワンタンスープ

・卵スープ

などは、消化も良く、尚且つ体を暖めることができるため、お腹の調子が悪い時にもってこいです。

また、中華粥というのは、野菜と肉がバランスよく入れられていますので、栄養をしっかりと補うこともできます。

しかし、四川料理を食べるのは避けましょう。

なぜなら、辛すぎて、仮におなかの調子が良くても、食べた後にお腹を壊してしまう事もあるからです。

お腹の調子が悪い時に食べてはいけない外食メニューは?

続いては、おなかの調子が悪い時に食べてはいけない外食メニューについて、詳しく解説していきます。

これから紹介するメニューを、お腹の調子が悪い時に食べてしまうと、腹痛が悪化し、トレイにこもる羽目になりますので注意しましょう。

辛い食べ物

まずは辛い食べ物です。

辛い物が得意な人にとっても、お腹の調子が悪い時には立派な刺激物となります。

口は辛みに耐えることができても、胃はその辛味に耐えられない可能性があります。

そのため、いつもの感覚で辛い物をたくさん食べてしまうと、胃が締め付けられるほど痛くなってしまったり、トイレから抜け出せなくなってしまったりする可能性が高まるのです。

体を冷やす食べ物

次は、体を冷やす食べ物です。

お腹の調子が悪い時は基本的に冷たい食べ物を控えるべきです。

仮におなかの調子が悪い時に冷たい食べ物を食べてしまうと、余計に腹痛を悪化させてしまう可能性があります。

冷えが原因の腹痛というのは、中々治りにくいため、しばらくはトイレでうずくまることになるでしょう。

お腹に優しい外食の食べ物についてまとめ

お腹の調子が悪い時に外食をするのは全く問題ありません。

むしろ、外食をしたとしても、自炊をしたとしても、刺激物や冷たいものを食べてしまったのであれば同じことです。

そのため、外食をする際はできるだけあっさりしたメニューで、尚且つ体を暖めてくれる料理を選ぶことが大切です。

そうすることで、腹痛を悪化させることなく、外食を楽しむことができるでしょう。

ただ、あまりにも腹痛がひどい時は、無理をして外食をするのではなく、食べられそうなものを自分で作って食べることをおすすめします。