授乳中にお腹がすく理由って一体何?どうすれば食欲を抑えられる?

授乳中にお腹がすいてしまう、という悩みを抱えている人はたくさんいるでしょう。

ただ、授乳をする度にお腹がすいてしまうと、次第にストレスになってしまいますよね。

そこでこの記事では、そもそもなぜ授乳中にお腹がすいてしまうのか、どうすれば食欲を抑えることができるのかということについて、詳しく解説していきます。

授乳中にお腹がすく理由って何?

まずは授乳中にお腹がすいてしまう理由から、詳しく見ていきましょう。

母乳は血液でできているから

母乳というのは、そもそも血液でできています。

母乳として血液が出て行ってしまうと、体は再度血液を生成しようとします。

ただ、血液を作るためには、エネルギーが必要になりますので、お腹がすくようになっているのです。

ストレスが溜まるから

授乳中というのは、食べるものに気を使わなければなりません。

なぜなら、自分が食べ物を、間接的に赤ちゃんに与える事になるからです。

そのため、普段は食べられていたものが食べられなくなってしまい、ストレスが溜まってしまいます。

食べたいのに食べられないストレスを溜め込んでしまうと、食欲から逃れることができなくなってしまい、常に空腹感を感じてしまうようになるのです。

どうすれば授乳中の食欲を抑えられるの?

では、どうすれば授乳中の食欲を抑えることができるのでしょうか。

効果的な方法をいくつか紹介していきます。

ドカ食いはせず、少しずつ食べる

まずは、ドカ食いをせず、少しずつ食べるという方法です。

お腹がすいてしまうと、一度にたくさんの食べ物を食べたくなりますよね。

しかし、これをやってしまうと、体重増加の原因になってしまうのです。

そのため、食事の量を減らして、その分回数を増やしてみることをおすすめします。

そうすることで、こまめに食べ物を口に運ぶことができ、空腹を感じにくくなる可能性があるのです。

水分を取る

そして、水分を取ることもおすすめです。

水を飲むことで、空腹を軽減することができます。

基本的に何を飲んでもよいのですが、温かいお茶などを飲むことで、空腹感を抑えられるだけではなく、体を暖めることができるため、一石二鳥になります。

あめやガムなどを上手に活用する

お腹がすいた場合は、雨やガムを上手に活用することもおすすめです。

空腹というのは、口の中に何か物を入れることで解決する場合があります。

また、雨やガムにはしっかりと味がついていますので、満足感を得ることもできるのです。

食欲を抑えたいママにおすすめの食べ物、飲み物って何?

では最後に、食欲を抑えたいママにおすすめの食べ物や飲み物をいくつか紹介していきます。

和食を中心にチョイスする

授乳中の食事は、できるだけ和食を中心にチョイスすることをおすすめします。

和食というのは、栄養バランスも非常に豊富ですので、ママの健康にも、赤ちゃんの健康にも良いです。

もちろん和食以外の食事を摂ってもよいのですが、脂っこいものやジャンクフードなどは、赤ちゃんの健康のためにもできるだけ避けることをおすすめします。

おやつは食べていい!でも糖分が少ない物を選ぶ

授乳中のおやつで悩んでしまう人は多いと思いますが、基本的に授乳中であってもおやつは食べていいのです。

おやつというのは、ストレス発散にも繋がりますが、栄養補給の方法としても役立ちます。

ただし、糖分には気をつける必要があります。

特に甘いお菓子などをおやつに食べる場合は、どれくらいの糖分が含まれているのかを確認した上で選んでいくことをおすすめします。

また、糖分以外にも、

・糖質控え目

・塩分控えめ

・低カロリー

のおやつを選んでいくことが大切です。

そうすることで、おやつでしっかりと栄養補給をすることができるでしょう。

カロリーが含まれていないお茶

飲み物を選ぶ時には、成分に気をつける必要があります。

もちろん、糖分やカロリーが多く含まれている飲み物は避けるべきですが、これ以上に控えるべき成分があります。

それは、カフェインです。

カフェインは、赤ちゃんの栄養素としては適切ではありません。

また、カフェインを含んでいる飲み物には、

・お茶

・コーヒー

・紅茶

などがありますので、ノンカフェイン、ノンカロリーという表記の飲み物を選んでいくことをおすすめします。

授乳中にお腹がすく時の対処法まとめ

授乳中にお腹がすいてしまうと悩んでいるママはたくさんいるでしょう。

母乳は血液でできているため、血液が不足するとエネルギーを使って再度血液を作ろうとします。

このようなことから、授乳中にお腹がすくのはエネルギーを補給するためと言えますので、あまり心配する必要はありません。

とはいえ、感情のままにドカ食いをしてしまうと、赤ちゃんの健康にもよくありませんし、太ってしまう原因になります。

そのため、今回紹介した方法を試しながら、上手に空腹と付き合っていくことが大切なのです。