残業しない人って嫌われるの?残業は絶対にしなきゃダメ?

残業が当たり前になっている会社は意外とたくさんあります。

そのような会社で働いていると、

「残業をしないと嫌われるのでは?」

「文句を言われるのでは?」

と不安になってしまうでしょう。

そこでこの記事では、残業をしない人は嫌われるのか、そもそも残業は絶対にしなければならないのかということについて、詳しく解説していきます。

【結論】残業をしない人の方が優秀

結論から言ってしまうと、残業をしない人の方が優秀です。

残業というのは、通常の勤務時間で終わらない作業をする時間です。

もちろん、中には絶対に勤務時間内で終わらない業務を投げてくる上司や会社も存在します。

しかし、中には、通常であれば勤務時間内に終わる仕事を終わらせることができず、やむを得ず残業をしている人もたくさんいます。

つまり、やるべきことを勤務時間内で終わらせることができているのであれば、残業をしている人よりも効率的に仕事ができているということになるのです。

残業しない人が嫌われる理由は?

ただ、残業が横行している会社では、残業をしない人が嫌われてしまう、あるいは冷ややかな目で見られてしまう可能性があります。

では、その理由は何なのでしょうか。

仕事をしていないと思われるから

まずは仕事をしていないと思われるからです。

残業が当たり前になっている会社というのは、社員が洗脳状態になってしまっているため、

・残業=素晴らしいこと

・残業=当たり前の事

という認識を持ってしまっていることが多いです。

その中で、自分だけ残業をせずに帰宅すると、

「あの人は仕事をしない」

と後ろ指を指されてしまう事があるのです。

自分勝手だと思われるから

日本人は、同調圧力をかけたがる傾向にあります。

つまり、

「みんなもやっているんだから、あなたもやりなさいよ」

ということです。

逆に、自分だけ平然と定時で帰宅しようものなら、

「協調性がない」

「自分勝手」

と陰口を言われてしまう事もあるのです。

平等ではないと思われるから

残業をしないということは、それだけ仕事の効率が良いということです。

ただ、この事実を勘違いしている人からは、

「自分は残業をしているのに、あの人はいつも定時で帰る」

と、不平等だと思われてしまう事があります。

実際は自分の方が効率的に仕事をしていて、生産性が高かったとしても、残業をしないという理由だけで、不平等だと言われてしまう事もあるのです。

残業は当たり前という認識で働いているから

働き方改革などが行われ、少しずつ労働に対する意識が変わってきました。

しかし、未だに古い考えを持っている人もいるのです。

それは、

「残業をして当たり前」

という考えです。

自分が定時で帰ろうとした時に、上司から、

「これだから今の若い奴は」

と言われた経験がある人はないでしょうか。

このように、世代が違うと考え方も違うため、定時で帰ることに対してマイナスのイメージを与えてしまう事もあるのです。

残業をするメリットとデメリット

では、残業をする事には、一体どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

メリット

残業をするメリットは、残業代が付くことです。

残業をすれば割増賃金を受け取ることができるため、給料の額がアップするのです。

ただし、中にはサービス残業が横行している会社もあり、タイムカードを切ってから残業をするような、いわゆるブラック企業も存在しています。

このような会社で残業をするメリットはほぼ皆無ですので、残業は正義という洗脳をされないようにする必要があります。

デメリット

残業をするデメリットは、時間を失うということです。

残業をすることで、通常は自分に使えた時間を仕事に割かなければならなくなります。

そのため、

「何のために仕事をしているんだろう」

と感じてしまう事もあるでしょう。

また、残業をすると、

「終わりそうもないから残業して終わらせればいいや」

と気持ちに甘えが出てしまいます。

このような考えを持ってしまうと、生産性を大幅に落とすことになりますので、注意しましょう。

残業をせずに仲間とうまくやっていく方法は?

では、残業をせずに、尚且つ仲間ともうまくやっていく方法はあるのでしょうか。

仕事の生産性と効率を上げる

それは仕事の生産性と効率を上げるということです。

もっと言えば、目に見える形で結果を残すことが大切なのです。

そうすることで、仮に残業をせずに帰ったとしても、

「あの人は仕事ができるからな」

「きっと業務が全て終了したのだろう」

と思ってもらうことができ、

「サボっている」

「自分勝手だ」

と言われずに済むのです。

仲間とのコミュニケーションを大切にする

そして、仲間とのコミュニケーションを大切にすることも大切です。

仲間とのコミュニケーションを疎かにしてしまうと、

「またあの人定時で帰ったよ・・・」

「やる気ないのかな」

と思われてしまいます。

しかし、日ごろから仲間とのコミュニケーションを大切にし、絆を深めておくことで、このようなマイナスのイメージを持たれずに済むのです。

残業しない人は嫌われるのかのまとめ

残業をしないと嫌われる、というのは半分正解で半分間違っています。

残業が当たり前になっていたり、古い考えを持った人がたくさん働いていたりすると、定時で帰るだけで悪者扱いされることがあるのです。

しかし、残業をせずに、通常の業務時間内で仕事を終わらせられる人の方が優秀です。

つまり、

・残業をしない=仕事ができない(やる気がない)

という公式は、必ずしも成立しないのです。

そのため、残業をせずに帰っても周りから後ろ指を指されないように、今回紹介した方法を実践し、文句を言わせないような環境を作り上げることが大切です。