ツイッターのマイナス検索って何?方法と便利な使い方を解説!

ツイッターは、様々な人のつぶやきを見ることができ、知りたい情報を素早く手に入れることができます。

副業でも多く使われておりますね。

ただ、逆に情報が溢れすぎていて、知りたい情報をうまく検索できないと悩んでいる人もいるでしょう。

そのような人は、マイナス検索を使ってみることがおすすめです。

この記事では、そんなマイナス検索の方法や便利な使い方について、詳しく解説していきます。

ツイッターのマイナス検索って一体何?

ツイッターのマイナス検索というのは、キーワードを入力して検索をした時に、余計な情報を出現させないようにするための方法です。

例えば、

「横浜 おいしい ラーメン-“質問箱”」

と検索をすると、

「横浜 おいしい ラーメン」

についての情報は表示されるのですが、質問箱の情報は全て除外されます。

そのため、自分の知りたい情報をいち早く手に入れることができるのです。

マイナス検索ってどうやるの?

マイナス検索と聞くと、難しそうなイメージを持つ人もいるでしょう。

しかし、方法は非常に簡単で、

「表示させたいキーワード-“除外したキーワード”

を入力すればいいのです。

つまり、

「-“○○”」

を、検索キーワードの後につければいいだけですので、誰でも気軽に行うことができるのです。

もちろんマイナス検索を行わなくても、情報を探すことはできるのですが、やはり自分の求めていない情報も出現してしまうため、探すのが大変になってしまうのです。

ただ、マイナス検索をする事で、自分の興味がある情報のみを閲覧することができるため、ツイッターをより便利に活用することができるでしょう。

マイナス検索を使う時の注意点は?

ただ、マイナス検索を使う時には、注意点があります。

それは、

・ダブルクォーテーションを忘れずに打ち込む

ということです。

ダブルクォーテーションというのは、「“”」のことで、意外とこれを忘れてしまい、「-」だけを入れて検索してしまう人が多いのです。

ただ、「“”」と「-」がセットでないと、正しく表示されませんので注意が必要です。

マイナス検索には応用編がある?

今紹介したのは、一般的なマイナス検索の方法です。

ただ、マイナス検索には他にも種類があり、目的に応じて使い分けることで、よりツイッターを便利に活用することができるようになるのです。

では一体どのような種類があるのか、詳しく見ていきましょう。

リプライを除外する

まずはリプライを除外する方法です。

例えば、

「有名人のツイートは見たいけど、リプライには興味がない」

という場合、

「有名人の名前-filter:replies」

と検索をしましょう。

そうすることで、リプライを非表示にすることができ、自分の欲しい情報を素早くキャッチできるようになるでしょう。

URLがついているツイートを除外する

続いては、URLがついているツイートを除外する方法です。

ツイッターを使ってアフィリエイトをしている人や、おすすめの商品URLを掲載している人はたくさんいます。

しかし、中にはそのようなURLを表示したくない人もいますよね。

そのような場合は、

「○○ ○○ -filter:links」

で検索をしてみましょう。

そうすることで、URLを全て除外することができます。

画像が挿入されていないツイートを除外する

ツイッターを利用している人の中には、画像が挿入されていないツイートを除外したいと思っている人もいるでしょう。

そのような場合、

「-○○」

というように、特別なコマンドを打ち込む必要はありません。

気になるキーワードで検索をかけ、検索窓下部にある、

「画像」

をタップしてみましょう。

そうすることで、画像ありのツイートを表示することができます。

ブロックした人のツイートを除外する

最後は、ブロックした人のツイートを除外する方法です。

検索を行うことで、場合によってはすでにブロックしている人のツイートが表示されてしまうケースがあるのです。

そのような場合は、検索窓でのマイナス検索で除外することができませんので、

「サーチ設定」

から設定を行いましょう。

ただ、iPhoneの場合は、アプリ上にサーチ設定がありませんので、モバイル版に飛び、

・設定とプライバシー→コンテンツ設定

に飛びましょう。

その後、

・ブロックしているアカウントとミュートしているアカウントを除外する

にチェックを入れ、完了です。

ツイッターのマイナス検索についてまとめ

ツイッターを使う時に、マイナス検索を活用すると、自分の知りたい情報だけを表示させることができるため、非常に便利です。

また、意外とマイナス検索ができることを知らず、

「難しいでしょ?」

と思っている人もいます。

ただ、ツイッターのマイナス検索は、

「○○ ○○ –“”」

の、“”の間に除外したいキーワードを入れるだけですので、誰でも簡単に行うことができるのです。

また、マイナス検索を応用した除外方法などもありますので、気になっている人は一度試してみてください。