妊娠中だけど太りたくない・・・健康的に体重を維持するための方法は?

妊娠中は体重維持が難しいですよね。

食欲に任せて食べてしまうと、ブクブクと太ってしまいますし、食事制限などをすると赤ちゃんに栄養がいかなくなってしまいます。

そこでこの記事では、妊娠中だけど太りたくないと思っている人が、健康的に体重を維持するための方法について、詳しく解説していきます。

妊娠中はなぜ太りやすい?

妊娠中は、通常の状態と比べると太りやすくなっています。

この事実についてはある程度理解している人も多いと思いますが、なぜ太りやすいのかという理由を詳しく説明できる人は少ないです。

では、妊娠中はなぜ太りやすいのかということについて、詳しく見ていきましょう。

お母さんの体へと変化しているから

まずはお母さんの体へと変化しているからです。

具体的には、プロゲステロンというホルモンが分泌されます。

このプロゲステロンというのは、体に水分や脂肪を溜めやすくする体で、赤ちゃんに栄養を届けるために大切なホルモンです。

このように、たくさんの栄養を体に閉じ込めようとするため、体重が増えてしまうのです。

過食状態になってしまいやすいから

妊娠中というのは、お母さんの食べ物が赤ちゃんに届きます。

そのため、いつも以上に空腹を感じやすくなってしまいます。

そして、その空腹に負けてしまうと、過食状態になってしまい、どんどん体重が増えてしまうのです。

運動不足になりやすいから

妊娠中に散歩をしたり、軽い運動をしたりする人は多いでしょう。

しかし、お腹が大きくなっている状態で、しっかりとした運動をする事は難しいですよね。

そのため、妊娠をする前よりも運動不足になってしまう事が多く、体重が増えてしまう事が考えられるのです。

運動不足になると、基礎代謝が低下するため、体脂肪が落ちにくい体になってしまいます。

このようなことから、痩せにくく、太りやすい体質になってしまう事もあるのです。

妊娠中に太りすぎると一体どうなる?

では、妊娠中に太りすぎると、一体どのようなリスクがあるのでしょうか。

難産の可能性が高まる

妊娠中、極端に太ってしまうと難産の可能性が高まります。

というのも、赤ちゃんは産道を通って外に出てくるのですが、その産道に脂肪がついてしまうため、赤ちゃんが出にくくなってしまうのです。

もちろんこうなってしまうと、赤ちゃんにも負担になってしまうのですが、お母さんにも負担がかかってしまう事になります。

このようなことからも、妊娠中は体重のコントロールが大切になるのです。

産後に妊娠線が出やすくなる

そして、産後に妊娠線が出やすくなってしまう可能性が高いです。

お腹が大きくなった状態で太ってしまうと、どんどん皮膚が伸びてしまいます。

妊娠をしている時は、お腹が大きくなっているため、太っていてもあまり気にならないでしょう。

しかし、出産を終え、お腹が元の大きさに戻る過程で、伸びてしまった皮膚がシワになり、妊娠線ができてしまう事があるのです。

妊娠中に健康を維持しながら体重を落とす方法は?

では、妊娠中に健康を維持しながら体重を落とす方法とは一体何なのでしょうか。

食生活を見直す

まずは食生活を見直すことが大切です。

食事制限をするということは、妊娠中のダイエットとしてあまりおすすめできないのですが、栄養バランスが取れたヘルシーなメニューを食事に組み込むことで、健康を維持しながら体重を落とすことが可能になります。

また、食べ過ぎを増やすためにも、よく噛んで食べるということを意識してみましょう。

少し大げさなくらいに噛む回数を増やすことで、早く満腹感を得ることができるようになるため、過食を防ぐことができるのです。

適度に運動をする

そして、適度に運動をする事も大切です。

ただ、妊娠をしている最中は、ハードな運動ができませんし、できるだけ避けるべきです。

そのため、ウォーキングや軽い筋トレなど、無理のない範囲でできる運動をしていくことが大切です。

また、運動については、産婦人科の先生に質問をする事でアドバイスをしてくれます。

そのため、

「どのような運動をすればいいかわからない」

という場合は、自分で勝手に運動メニューを決めるのではなく、まずは医師に確認を取ってから始めることをおすすめします。

そうすることで、赤ちゃんやお母さんの負担を軽減することができるため、健康的に体重管理をしていくことができるでしょう。

妊娠中に太りたくない人の対処法まとめ

妊娠中というのは、様々なことが原因で太りやすくなっています。

ただ、赤ちゃんの事や、出産後のことを考えると、できるだけ体重を維持したいですよね。

そのような場合は、今回紹介した方法を実践しながら、健康的に体重管理をしていくことが大切です。

ただ、過度なダイエットをしてしまうと、赤ちゃんやお母さんの体に負担がかかってしまう可能性があります。

そのため、どうしても不安な場合は医師に確認をしてから、食事メニューを改善したり、運動を取り入れたりしていきましょう。