生後2ヶ月なのによく笑う!もっと笑う赤ちゃんに育てるためには?

生後2ヶ月の赤ちゃんを育てている人の中には、

「生後2ヶ月でこんなに笑うと思っていなかった」

と、自分の子どもが良く笑うことにびっくりしている人も多いのです。

たくさん笑ってくれれば、親としても非常に安心ですし、とても癒されますよね。

では、もっと笑う赤ちゃんに育てるためには、一体どうすればいいのでしょうか。

この記事で詳しく解説していきます。

生後2ヶ月で自分から良く笑う赤ちゃんはそんなに多くない?

実は、生後2ヶ月で自分からよく笑う赤ちゃんはそんなに多くありません。

もちろん生まれて間もない頃から生後2ヶ月にかけて、にっこり笑うことはありますが、これは、新生児微笑と呼ばれる本能的な行動になります。

そのため、面白い、楽しいという理由で笑っているわけではないケースもあるのです。

このように感情で笑うようになるまでの期間は、生後3ヶ月から生後6ヶ月ごろと、赤ちゃんによって大きく異なります。

生後2ヶ月の赤ちゃんをもっとよく笑う赤ちゃんに育てるためには?

では、生後2ヶ月の赤ちゃんをもっとよく笑う赤ちゃんに育てるためには、一体どうすればいいのでしょうか。

パパやママが常に笑いかける

まずはパパやママが常に笑いかけることが大切です。

赤ちゃんというのは、人物や物を正しく区別することはできませんし、会話の内容を理解することもまだできません。

しかし、周囲の環境やその場の空気を読む力は物凄くあるのです。

そのため、パパとママが喧嘩をしていたり、ピリピリした空気が流れていたりすると、赤ちゃんが全く笑わなくなってしまうことがあります。

このようなことを防ぐためにも、パパとママで笑いながら育児に取り組んでいくことが大切です。

スキンシップやコミュニケーションをする

たくさん笑う赤ちゃんを育てるためには、スキンシップやコミュニケーションが大切です。

スキンシップには、オキシトシンというホルモンを分泌させる力があります。

オキシトシンというのは、簡単にいってしまうと安心感を得られるホルモンのことですので、より赤ちゃんとの絆を強くし、よく笑う子に育てることができるのです。

赤ちゃんがしたことを大げさにリアクションする

赤ちゃんは、パパやママの反応を楽しみに待っていることが多いです。

例えば、

・面白いことをした

・寝返りを打った

・歩いた

という時は、できるだけ大げさにリアクションしてあげることが大切です。

そうすることで、赤ちゃんも嬉しくなり、その行動を何回も繰り返すようになるでしょう。

その結果、よく笑う子どもに成長してくれるのです。

体に刺激を与える

赤ちゃんというのは、

・痛い

・かゆい

などの判別がつきません。

そのため、痛い思いをさせるのは論外ですが、足をくすぐってみたり、お腹をくすぐってみたりして、刺激を与えてみることをおすすめします。

そうすることで、くすぐったいという感覚が研ぎ澄まされ、よく笑う赤ちゃんになってくれるでしょう。

ながら育児をしない

育児に慣れてくると、スマホを見たり、雑誌を読んだり、テレビを見たりしながら赤ちゃんをあやす人がいます。

ただ、そのような時は、パパやママの顔が無表情になっているはずです。

誰も見ていないと思っているかもしれませんが、赤ちゃんは意外と親の顔をしっかりと見ている物です。

そして、無表情が当たり前になってしまうと、赤ちゃんも笑うということを覚えるまでの期間が長くなり、中々笑わない子どもに育ってしまう事があるのです。

生後2ヶ月で全然笑わない・・・うちの子は大丈夫?

中には、

「自分の子は生後2ヶ月だけど全然笑わない・・・大丈夫かな」

と思っている人もいます。

しかし、冒頭でも解説したように、赤ちゃんが自分から笑うようになるのは生後3ヶ月から6ヶ月程だと言われています。

つまり、個人差があるということです。

そのため、もう少ししたら自ら笑ってくれるはずですので、不安な顔を赤ちゃんに見せず、根気よく笑いかけてあげることが大切です。

赤ちゃんのときは笑わなくても成長過程でよく笑う子になる

中には、

「うちの子もうすぐ1歳なのに全然笑わない」

と悩んでいる人もいるでしょう。

ただ、子どもというのは、成長していく過程で様々なことを経験します。

その中で五感を刺激することができ、感情表現が豊かになることが多いのです。

赤ちゃんの時にあまり笑わなかったとしても、成長する過程でよく笑う子に育つ可能性が高いため、心配する必要はないでしょう。

生後2ヶ月でよく笑う赤ちゃんについてまとめ

生後2ヶ月でよく笑う赤ちゃんというのは、比較的珍しいです。

ただ、親からしたらもっとたくさん笑ってほしいですよね。

その場合は、今回紹介した方法を参考にしながら育児に取り組んでいくことをおすすめします。

そうすることで、赤ちゃんの感情を刺激することができ、もっと、もっと笑う子に成長させることができるでしょう。