「Windowsを構成するための準備中」が終わらないときの対処法

Windowsをアップデートしようと試みた際、「Windowsを構成するための準備中」と表示され、いつまでも終わらない!と悩んでいる方に向けて、対処法を場面別でご紹介します。

実際にこの状態のまま、1時間から5時間以上待っているのに終わらないという人は多いです。

この記事では、「Windowsを構成するための準備中」と表示された場合の対処法について、詳しくご紹介します。

「Windowsを構成するための準備中」の表示が終わらないときの対処法

更新プログラムをインストール後、「Windowsを構成するための準備中」と表示され、「何時間も待っているのに反応がない」というときの対応は、状況により様々です。

特に、長い間アップデートをおこたっていた場合、改めてアップデートをすることにより時間がかかる可能性があります。

まずは、どうして準備中で止まっているのかを確認する必要していきましょう。

原因を判断した結果、止まっている理由が「フリーズ」である場合と、それ以外の場合で対処方法が違います。

それぞれの対処法を、状況別にみていきましょう。

フリーズ状態の確認方法

まずはフリーズしているのかどうかを判断します。

フリーズの原因としては、アプリケーションのちょっとしたバグや、更新の必要なプログラムの蓄積、アップデート作業によるシステムへの負担など様々です。

アプリケーションを立ち上げている時にアップデートをしようとした結果動作が重くなりフリーズした、などの原因も考えられます。

フリーズしているのかどうか、まずは下記の事項を確認してみて下さい。

操作に反応があるか確認

フリーズとは、マウス操作やキーボード操作に反応がなく、表示や更新の動きが止まっている状況を指します。

USBメモリー、SDカード、外付けHDDなどの外部環境を外し、マウスやキーボードを動作させても画面に何の反応もない場合はフリーズの可能性があります。

「タスクマネージャー」を呼び出し可能か確認

「Ctrl」キー、「Alt」キー、「Delete (Del) 」キーを同時に押して、メニューが表示されるか確認します。

この3キーを同時に押して表示されるメニューは、通常の動作よりも優先して動作するようにできているため、利用できる可能性が高いです。

「タスクマネージャー」を選択し、強制終了させたいアプリケーションを右クリックで選択し、「タスク終了」をクリックします。

ハードディスクのアクセスランプが点滅しているか確認

ハードディスクのアクセスランプが点滅している場合、内部ではまだ作業が続いています。

作業に時間がかかっていると判断できるので、もうしばらく待ってみましょう。

点滅していない場合はフリーズしていると考えられます。

フリーズ時の対処法

フリーズしているとわかった場合、電源を5秒ほど長押しで、強制終了させましょう。

その後、再度電源を入れ直してください。多くの場合、再度電源を入れると正常に立ち上がります。

電源を入れた際、「F8」キーを連打させることで、セーフモードに切り替えて立ち上げることが可能な場合があります。

セーフモードで立ち上げができた場合、「システムの復元」を試してみるのをおすすめします。

「F8」を押してセーフモードを立ち上げようとした結果、「お待ちください」と表示されることがあります。

その場合は、慌てずに待ってみましょう。

ただし、強制終了をさせる場合にはファイル構造を破壊してしまう恐れがあるので、むやみに強制終了をするのは避けて下さい。

フリーズじゃない場合の対処法:待ってみるのがおすすめ

何時間も不安になりながら待った結果、6時間後に問題なくアップデートが完了した、という場合が多いです。

半日以上待ってみて、状況が変わらない場合は、上記でご紹介した「フリーズ時の対処法」で強制終了させることも視野に入れてみましょう。

今後、アップデートは面倒でも定期的に確認し、何ヶ月もたつ前に更新情報を確認するようにしましょう。