オメガスリ―とは?動脈硬化防止に繋がるオメガ3について解説

オメガ3とは不飽和脂肪酸という物質で、人間にとって不可欠な必須脂肪酸でもあります。

近頃、現代人が不足しがちな脂肪酸という事から、ベストセラーを集めるようになりました。

何はさておき、悪玉コレステロールの数値を下げるので、動脈硬化といった病気の予防にオメガ3が良いと言われています。

血中に悪玉が増えると血液の流れがドロドロになり、血栓が出来がちになります。

オメガ3はコレステロールの中でも悪玉コレステロールだけを減らし(=余分なコレステロールを回収してくれる)、善玉コレステロールの数値を膨張させる効果があります。

このような作用がある事から、オメガ3はコレステロール手段に有効と言われているのです。

また、オメガ3はコレステロールの他にも、ピカピカの栄養を体に与えるという事が分かっています。

中性体の重さを減少させ肥満や、メタボリックシンドロームの予防に効果があるのです。

オメガ3の1つEPAは継続的に補う事で、血液中のウェイト数値を減軽させる働きがあります。

体の重さが短くなれば体に溜まる余分な脂肪の量も少なくなり、そうして、肥満やメタボリックシンドロームの作戦に繋がるのです。

メタボリックシンドロームに代表される家庭生活行動習慣病も、オメガ3で対策出来ます。

さらに、高血圧も生活習慣病の1つです。

高血圧になってしまう原因の1つに、血液の流れが悪くなってしまいなるという事が挙げられます。

血中の中性体の重さがよくあると血液がドロドロになり、血行が悪くなりなってしまうのです。

中性皮下脂肪を減らす作用のあるオメガ3を注意して補う事で、血液の流れがサラサラとなり血圧を下げる効果が予想出来ます。

血液がドロドロになってしまうと動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった重い病気を引き起こしやすい体になりますが、不飽和脂肪酸を補う事によってリスクが軽減できます。

その他に活性酸素によって引き起こされる、体の炎症を抑制する働きもあると考えられています。

活性酸素は体内に入り込んだ菌などを除去する作用があり、体にとってはありませんしてはならない存在です。

ただ、異常に酸化作用が強力なので活性酸素が体内で増え過ぎてしまうと、多くの細胞を酸化させてしまいます。

酸化だけでなく炎症を起こすケースもあり、活性酸素が増えれば増える程、血管などの炎症が進んでしまうのです。

オメガ3を摂ると炎症抑制物質プロスタグランジン3という、体の炎症を改善する物質の生成がアップします。

このような作用があるオメガ3は、色々な作用が楽しみにできる必需品脂肪酸と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です